REPAIRBLOG修理ブログ

NEW STORE

毎月1日はプラウの日。お買い物でポイント5倍が貯まります。さらにLINE連携で3%OFFが実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

STIHL MS201C-M エンストする。スターターが重くて引けない。

PLOW長岡店の柳です。MS201C-Mエンストする。スターターが重くて引けないという症状で持ち込みされました。入っていた燃料(純正エンジンオイルHPスーパー使用)でエンジン始動、吹け上がりも正常に感じました。この機体はエルゴスタートなし、デコンプバルブなしのプロ機なので圧縮圧力が高いまま勢い良くスターターを引く方法で始動します。お客様は重くて引けないそうなので体力の問題かもしれません。

MDG1に繋いで診断開始します。

運転データは稼働時間36分21秒00秒、アイドリング回転数設定43(基準値内ですがやや薄い)、フルスロットル設定49です。

診断結果はすべて正常でした。

その後較正(工場出荷状態に初期化)しました。全負荷で5回試し斬りするとキャブレター自動調整完了します。

較正後に運転データを見るとアイドリング回転数設定50、フルスロットル設定49変化なしになりました。アイドリング回転数設定が基準値(少し濃い)なりました。これで様子を見てもらいます。

修理動画のご案内

「修理ブログ」を発展させた、高度な「修理動画」を”Youtube プラウチャンネル”で展開中です。ご自身で修理を行いたい、機械の内部構造を知りたいなど、多くのご要望に対し「修理動画」と言う形でお応えしたいと思います。
「修理動画」一覧ページはこちらから。