REPAIRBLOG修理ブログ

NEW STORE

毎月1日はプラウの日。お買い物でポイント5倍が貯まります。さらにLINE連携で3%OFFが実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

STIHL 041AVS-1 点火しない症状で大阪府から送られてきました。

 

PLOW長岡店の柳です。STIHL 041AVS-1が大阪府のお客様から送られてきました。中古品を購入して最初は調子よくエンジンかかっていたが久しぶりに使おうとしたらエンジンかからなくなったそうです。お客様自身でイグニッション回りを分解したけど直らなかったそうです。

点火系統点検を点検するとスパークしていません。点火しない原因は何か?1.スパークプラグ 2.プラグコードにスプリングのフックが刺さっていない。 3.プラグコードの被膜破れてリーク(漏電)している。 4.スイッチ故障 5.アース線の被膜破れている。 6.イグニッションコイル故障 7.クランクシャフト(フライホイール)キーが折れている。点火時期ズレ 8.フライホイールマグネットの磁力低下など、消去法で点検していく方法が確実です。

スターターを外してみるとフリクションリングが破損しています。交換必要です。

プーラーを使ってフライホイールを抜き取りました。

お客様がクランクシャフトまで削ってしまったそうです。キーはついていました。修理しようとして更に悪化しています。当時の041AVはポイント式点火(前期型)と無接点式点火(後期型)が存在します。この機体は前期型です。

フライホイールの裏側です。前期型のフライホイールですがポイントを開閉するカムの山がありません。これではポイントが開かず点火できません。修理する方法としては、1.エンジンASSY交換 2.イグニッションコイルとフライホイール交換(前期型から後期型に変更可能)いずれにしても高額修理になります。お客様に相談します。

 

修理動画のご案内

「修理ブログ」を発展させた、高度な「修理動画」を”Youtube プラウチャンネル”で展開中です。ご自身で修理を行いたい、機械の内部構造を知りたいなど、多くのご要望に対し「修理動画」と言う形でお応えしたいと思います。
「修理動画」一覧ページはこちらから。