REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録をすると、10人に1人に5,000円相当の商品をプレゼント! 3%OFFのお買物が実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ゼノア G2501 7分くらい作業するとエンストして再始動不能になる。故障診断

PLOW長岡店の柳です。朝から雪が降る寒い日です。ゼノアG2501修理入庫しました。お客様の訴えは、7分くらい作業するとエンストして再始動しない症状です。

始動確認しようとするとチョークレバーが軽すぎるのでエアーフィルタを外してみると外れていました。

キャブレターを外してチョークレバーを取り付けました。

キャブレターを機体に取り付けます。

しかしエンジンかかりにくいのでスロットルレバーを握ったままスターターを引き続けてエンジンかかりました。

マフラーから白煙が出続けるので

燃料を抜き替えてみると劣化した燃料が入っていました。

圧縮圧力を点検すると1,050Kpaでした。正常です。

燃料を抜き替えても始動性が悪いです。スロットルレバーを握ったままスターターを引いてエンジンをかけると白煙は出なくなりましたがマフラーから未燃焼ガス(燃焼できなかった燃料)が出るようになりました。これは燃料供給過多が原因の可能性が高いです。燃料が濃すぎるためスパークプラグがかぶりやすくなって始動困難になると診断します。

マフラーを外してピストンを点検すると縦傷はなし、でもカーボン堆積しています。劣化燃料や低品質なエンジンオイルが原因です。

シリンダーの内壁に薄い縦傷がありました。圧縮圧力は正常なので燃料系統の修理で直りそうです。

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/

オンライン接客を予約しませんか?

PLOWではビデオ通話システムを利用しオンライン接客を行なっています。購入前の商品選定のお悩みや、購入後の困ったことなどをビデオ通話でご対応、映像を通し商品のご案内をするので大変にわかりやすくなっています。
ご希望のお客様はお気軽に下記リンクよりご予約ください。

◎「PLOW オンライン接客」予約ページ bit.ly/plow-on

Youtube「PLOW オンライン接客」ご案内動画