REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録をすると、10人に1人に5,000円相当の商品をプレゼント! 3%OFFのお買物が実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

共立CS270T 始動不能の原因

PLOWカスタマーサポート小関です

共立チェーンソーCS270Tが始動不能です

未使用期間が長い様で劣化したガソリンの臭いがします

リコイルを引きすぎてマフラーから燃料が垂れてきます

マフラーから出てくる燃料があまりにも多いのでオーバーフローが発生している可能性大です

キャブレターを取外し点検をします

ポンプダイヤフラムはファイバー製ですがまだ伸びてません

メタリングはシワだらけでカチコチに固まっています

原因はメタリングダイヤフラム硬化によるオーバーフローでした

劣化燃料に長期間浸食され硬化したメタリングダイヤフラム

このパーツはメタリング室への燃料供給をコントロールする大切な部品です

使用期間が延びるほど自然消耗による硬化も起こります

定期的に交換したいですね

今回は燃料供給過多で始動不能になりましたが

硬化したダイヤフラム中央部の位置次第では混合比がうすくなり

焼き付きの原因にもなります

転ばぬ先の杖、5年以上使用している場合は交換しましょう

 

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/