REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録をすると、10人に1人に5,000円相当の商品をプレゼント! 3%OFFのお買物が実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

STIHL MS250 エンジンかからない、修理完了

PLOW長岡店の柳です。新潟市のお客様から持ち込みされたSTIHL MS250です。燃料を抜き替えても始動せず、スパークプラグを交換しても始動せず、圧縮圧力を点検すると正常、点火系統を点検するとスパークが弱いです。イグニッションモジュールが故障していることを特定しました。

2017年12月製造なので5年前の機体ですが比較的早く故障してしまったようです。イグニッションモジュールが故障する原因は、1.メーカー指定以外のスパークプラグを取り付けた。2.経年劣化による故障 3.長時間連続運転後にエンジンをすぐに停止した。熱による早期劣化で故障した。

部品が入荷したので修理開始します。まずはイグニッションコイルを取り外して清掃しました。

専用工具を挟んだままイグニッションモジュールを取り付けました。

テスターで正常にスパークしていることを確認しました。

スパークプラグを取り付けて正常にエンジン始動しました。吹け上がりも正常です。修理完了しました。

2.3年前に私の愛車BNR32もエンジン不調になりイグニッションコイルを交換して修理完了しました。長く使い続けるとイグニッションコイルは故障します。

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/