REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録をすると、10人に1人に5,000円相当の商品をプレゼント! 3%OFFのお買物が実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

STIHL 024AV SUPER アイドリング不調、始動後10秒でエンストする、スロットルレバーを握るとエンストする診断開始

PLOW長岡店の柳です。三条市のお客様から持ち込みされたSTIHL 024AV SUPERです。エンジンかかるけどアイドリング不調、始動後10秒でエンストする。スロットルレバーを握るとエンストする症状です。

型式 024AVSEQW ハンドルヒーティング付きです。製造年月 昭和60年4月なので1985年製 37年前のチェンソーです。排気量44.3cm3もあります。024AVの排気量アップモデル

Mede in West Germany 西ドイツ製です。果たしてこの機体は復活できるのか?診断開始します。

まずは燃料を抜き替えて始動確認、アイドリング不調、回転数が上下してエンストしました。再始動して吹け上がりましたがスロットルレバーを離すとアイドリングできずにエンストしました。絶不調です。お客様は他社製エンジンオイルを使っているそうです。工場内の燃料を入れても不調なので燃料系統が異常です。

圧縮圧力を点検すると960Kpaでした。やや低いです。正常な圧縮圧力は1,100~1,200Kpaくらいあります。

エアークリーナーを外してみるとホースから燃料漏れしています。

MUTOHIRO製ガイドバー装着しています。初めて見ました。

スプロケットは摩耗限界です。

マフラーを外してピストンを点検すると凄くキレイです。

しかしシリンダーの吸気側を点検すると薄い縦傷があります。軽度のエンジン焼き付きしています。燃料系統の修理だけで大丈夫か?シリンダー、ピストン交換して完全復活させるか?見積りしてお客様に相談します。

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/