REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録をすると、10人に1人に5,000円相当の商品をプレゼント! 3%OFFのお買物が実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

STIHL MS661C-M クランクケース漏れテストOK 始動確認

PLOW長岡店の柳です。STIHL MS661C-Mの修理中です。クランクケース漏れテスト開始します。負圧テスト(バキュームテスト)0.5barを維持しています。正常です。

負圧テストは0.5barを維持しているか、20秒以内に0.3barあれば正常値であると書いてあります。

続いて加圧テスト(プレッシャーテスト)0.5barを維持しています。正常です。

サービスマニュアルには0.5barを20秒間維持していれば正常です。

フライホイール、コントロールユニットを取り付けました。

オイルポンプ、チェンブレーキ、チェンテンショナーを取り付けました。

スターターの裏側が汚れているので

分解、清掃しました。

スターター、マフラーを取り付けました。

キャブレターを取り付けました。キルスイッチスプリングの取り付けが難しかったです。

チェンオイル、燃料を補給してエンジン始動しました。重低音が響きます。明日はM-Tronic診断します。完成間近です。

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/