REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録をすると、10人に1人に5,000円相当の商品をプレゼント! 3%OFFのお買物が実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

スズキ スペーシアMK32S ターボチャージャーから水漏れ

プラウカスタマーサポート小関です

今回はコセキの通勤車スペーシアの水漏れ修理

ガソリン高騰でココ最近はこれで通勤してます

スイフトスポーツとの燃費差で1ヶ月で1万円も節約できてびっくりです

症状は「水漏れ特有の匂いがする」

コンビニ駐車所で気づきましたが、冷却水漏れ特有の甘い匂いがします

エンジンルームを覗いてびっくり

ターボチャージャーに冷却水を供給しているパイプが錆びて湿っています

原因はここですね

早速ディーラーで部品を注文

入荷したので作業開始です

バンパーを取り外しターボにアクセスします

スペーシアのバンパー取り外しはすごく簡単

3分で取り外し完了

外したバンパー

裏側に外気温度センサーのコネクターがあるので注意です

バンパー取付時にコネクターを指し忘れるとエンジンチェックラップが点灯し消えなくなります

そんな時はバッテリーのマイナス端子を取り外ししばらくしたら元に戻します

経験者談です

ターボが見えました

パイプはサビサビですね〜

道路の凍結防止剤の影響と海岸地帯に住んでいるのが原因ですかね

折れる寸前でした

ロングドライブ中だったら大変な事態になっていました

冷却水を抜かずに交換します

インレットとアウトレットホースをクリップでつまみ水を止めます

パイプを取り外すとこうなります

中央の2つの穴からターボへ水が出入りします

インレット側はこの通り

ポキっと行かなかったのが不幸中の幸いですね

今回購入した部品 ウォーターパイプセット 13919-50M50

パイプの他にガスケットと取り付けスクリュー2本がセット

交換が完了しました

この部分だけすごくキレイになりました

これで毎日安心して通勤できます

雪国でスペーシアのターボ車に乗ってる方は要注意箇所です

 

 

 

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/