REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録をすると、10人に1人に5,000円相当の商品をプレゼント! 3%OFFのお買物が実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

STIHL MS240 エンジンかからない診断

PLOW長岡店の柳です。STIHL MS240 エンジンかからない症状で持ち込みされました。

燃料タンクを点検すると木屑が入っています。清掃してから工場で使っている新しい燃料を補給してスターターを引くと

正常にエンジンかかりました。最高回転数2,800rpmで安定していますが最高回転数11,700rpmしか回りません。

エアークリーナーが詰まっています。これでは吹け上がりが悪くなります。吸入空気量が少ないため濃い空燃比になり加速不良になります。

スパークプラグは比較的新しいです。

圧縮圧力を点検すると1,140Kpaでした。正常です。

マフラーを外してピストンを点検するとキレイです。

シリンダーの吸気側もキレイです。エンジンがかからない原因は、お客様が使っている燃料が劣化している可能性が高いです。混合油(ガソリン)は30日で劣化します。一ヶ月以内に使い切れる分だけ混合油を作ってください。ホームセンター等で販売している長期間保管可能な混合油はSTIHLチェンソーにはお勧めしません。他社製オイルにはポリブデンを配合した添加物が入っていてベアリングを固着させる故障原因になるので絶対に使用しないでください。

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/