REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録をすると、10人に1人に5,000円相当の商品をプレゼント! 3%OFFのお買物が実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

STIHL MS261 チェンオイルが出なくなる。故障診断

PLOW長岡店の柳です。昨日夕方持ち込みされたSTIHL MS261です。お客様の訴えは、エンジンかけてすぐにチェンオイルが出るが少し経つと出なくなる症状です。お客様自身でいじってみたが原因不明だそうです。

まずはオイルタンクを点検するとキレイです。

動作確認すると、チェンオイルは出ますがワッシャーがポロリと落ちました。

スプロケットカバーを外してみるとニードルケージ(ベアリング)が外れています。おそらくお客様がE-クリップを付け忘れたか取り付けたけど外れた可能性があります。E-クリップ脱落によりスプロケットが外側に動いてしまいウォームギヤと嚙み合わなくなってチェンオイルが出なくなったと診断します。

ニードルケージ(ベアリング)にグリスアップしてから

E-クリップを取り付けます。

動作確認すると正常にオイル吐出確認しました。

ガイドバーとソーチェーンを取り付けて再テストしました。修理完了です。

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/