REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録をすると、10人に1人に5,000円相当の商品をプレゼント! 3%OFFのお買物が実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

STIHL MS201C-M エンジンかかるけどエンストする。故障診断

PLOW長岡店の柳です。STIHL MS201C-Mエンジンかかるけどエンストする症状で持ち込みされました。

STIHL純正エンジンオイルHPを使っています。

入っていた燃料でエンジンかかりました。アイドリング回転数3,000rpmで安定しています。フルスロットルも正常です。

スパークプラグを点検すると正常な焼け色をしていますがカーボン付着しています。過去にあった事例で低負荷運転、短時間運転、フルスロットにしないで作業をすると燃焼温度が低いためカーボンができやすくなってスパークプラグに付着して失火するという故障がありました。もしかするとお客様も同じ現象かもしれません。

圧縮圧力を点検すると860Kpaでした。低いです。MS201C-Mは930~1,000Kpaが基準値です。

ピストンを点検するとわずかに排気漏れしています。

シリンダーの内壁を点検すると薄い縦傷があります。

拡大しました。軽度のエンジン焼き付きしています。明日はM-Tronic診断します。

 

 

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/