REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録をすると、10人に1人に5,000円相当の商品をプレゼント! 3%OFFのお買物が実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

STIHL 044 機体清掃中に不具合箇所発見

PLOW長岡店の柳です。STIHL 044の修理見積もりをして受注しました。部品発注して機体清掃を開始します。

カバー、スターター清掃完了しました。

フライホイールを清掃中に異変に気付きました。クランクシャフトがガタつきます。フライホイールを取り外して点検すると

オイルシールが摩耗しています。ここから二次空気を吸い込んでエンジンが焼き付きしてしまった可能性があります。

ベアリングが摩耗していなければ良いのですが、とりあえずオイルシールはすぐに発注しました。機体清掃が終わったらシリンダーを取り外してベアリングを点検します。もしベアリングも交換する場合はクランクケースを分解する必要があります。エンジン全分解するので時間もお金もかかります。

フライホイールを取り外したので清掃しました。

裏側を見てMade in JAPANに驚きました。STIHL純正部品に日本製の部品が使われているなんて意外でした。お客様に相談します。

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/