REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録をすると、10人に1人に5,000円相当の商品をプレゼント! 3%OFFのお買物が実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

STIHL MS241CM エンジン焼付き修理開始

プラウカスタマーサポート小関です

長野県のお客様からの依頼品、MS241CMのエンジン修理に着工しました

中古品を購入したばかりですがすでに焼付いていた品

マフラーを取り外しピストンをチェックすると明らかに傷があります

ECUのデータから総稼働時間はわずか6時間

短期間に焼付いているのでそれなりの原因があるはずです

早速分解検証

現行型のMS241CMはとても整備性が良く分解作業はスムースに進行します

ハスクバーナの5シリーズと比べると雲泥の差ですね

リコイルユニットを取り外しただけでとてもスッキリ

凄く綺麗な機体です

分解前清掃の必用がない位綺麗です

点火コイルとキャブレターはM-tronicシステムの配線でつながっています

これ外さないでセットで機体から取り外します

こんな感じでスッキリしました

ちなみにこれがキャブとコイル

シリンダーとエアクリーナー室間を隔てているエアーガイドシュラウドを取り外しました

ここまでくると残りは4本のスクリューを緩める事でシリンダーを取り外せます

シリンダーを取り外すとピストンが出てきますが酷いですね~

完全に焼き付いています

こちらは排気側です

そして吸気側

こちらも一部熔解しています

低品質燃料が原因ですね

まだ6時間しか回っていないエンジンですが残念です

シリンダー壁もこの状態なのでシリンダーとピストン関連部品のセット交換です

お客様に見積を了承いただいたので部品を発注しました

入荷次第作業再開です

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/