REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録をすると、10人に1人に5,000円相当の商品をプレゼント! 3%OFFのお買物が実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

Husqvarna 254XP エンジンかからない故障診断

PLOW長岡店の柳です。「修理ブログ」を見た!という北海道のお客様から送られてきたHusqvarna 254XPです。排気量54.0cm3あります。お客様の訴えは、エンジン始動困難、始動してもすぐにエンストする。

燃料タンクの中を点検すると木屑が入っています。清掃してから燃料を補給すると

すぐに燃料が漏れてきました。かなり大量に漏れるので燃料を容器に戻しました。

エアーフィルターを外してみるとホースが切れていました。始動性が悪い原因の1つは、燃料ホース劣化です。キャブレタークリーナーをエンジンに直接注入して初爆を確認しました。点火系統は正常です。

圧縮圧力を点検すると1,100Kpaありました。正常値です。

マフラーを外してピストンを点検すると縦傷なし

しかしシリンダーの吸気側に薄い縦傷がありました。

この程度なら燃料系統の修理で復活できそうです。

スプロケットが摩耗しているので交換をお勧めします。チェンテンショニングスクリューがグラグラするので交換をお勧めします。

キャブレターを取り外しました。Walbro製です。

型式HDA 機番35B

漏れテストすると、0.8barから徐々に針が下がってきました。NGです。キャブレター分解清掃、燃料ホース、ピックアップボディ交換が必要です。圧縮圧力OK、点火系統OK、燃料系統NGでした。その他リムスプロケット、チェンテンショナー交換で復活できそうですが、エンジン始動後でないとオイルポンプ、クラッチスプリングの点検ができません。

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/