REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録をすると、10人に1人に5,000円相当の商品をプレゼント! 3%OFFのお買物が実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

STIHL 041AV 点火しない修理中

PLOW長岡店の柳です。大分県のお客様からお預かりしているSTIHL 041AVの点火しない症状の修理中です。

キルスイッチの配線の被膜が経年劣化によりはがれてしまっています。この配線はアース線なので金属に触れると点火しなくなります。

この機体は後期型なので現行機種のスターターと同じ設計です。前期型はフリクションリング式です。

スターターの裏側にポウルがあります。

フライホイールを取り外しました。プラグコードの被膜も破れてテープが巻いてあります。

機体清掃しました。

イグニッションコイルを取り外しました。

アース線にテープを巻いて取り付けてみます。

トルクレンチでフライホイールを締め付けます。

プラグコード、スパークプラグターミナルを交換しました。この後スターターを取り付けて点火するか点検しましたがダメでした。お客様から同梱してもらったイグニッションコイルは取付穴の位置が合わず取り付け不可能でした。適合するイグニッションコイルがあれば直ります。お客様に相談します。

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/