REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録で一番お得な買物が実現。会員の皆様へ製品やサービスの最新情報もお届けします。詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

タナカ TCS-2800S 機体清掃、目立て、試し斬り

PLOW長岡店の柳です。千葉県のお客様からお預かりしているタナカTCS-2800Sの修理見積もりして受注しました。機体清掃をします。

まずはカバー類を取り外します。

堆積した木屑とチェンオイルが塊になっています。チェンソーは非常に汚れやすいので作業後は使いっぱなしにせず、定期的に清掃してください。

空冷エンジンなのでスターターとフライホイール周辺はキレイにしておいてください。未清掃はエンジンがオーバーヒートする原因になります。

ファンカバーを外しました。

エンジンに異物が入らないようにティッシュペーパーを詰めてから清掃します。

キレイになりました。

清掃は機械を長持ちさせると思います。

ホースの取り回しが長くて改善したほうがいいです。STIHL 020AVP SUPERは古くてもいい設計のエンジンです。

カバー清掃完了

組み上がりました。

目立てをしてエンジン回転数調整しました。

最後に試し斬りして修理完了しました。

 

 

 

 

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/