REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録で一番お得な買物が実現。会員の皆様へ製品やサービスの最新情報もお届けします。詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

STIHL 026W エンジンかからない故障診断

PLOW長岡店の柳です。昨年まで使っていたが急にエンジンかからなくなった。ということで柏崎市のお客様から持ち込みされたSTIHL 026Wです。

ホームセンターで購入した他社製のエンジンオイルを混合して使っていたそうです。この時点でNGです。STIHLチェンソーは必ず純正2サイクルエンジンオイルを使ってください。

ハンドルヒーティング付き

燃料キャップから漏れた跡があります。

燃料は他社製の混合燃料が入っています。異物もあります。この燃料では何回もスターターを引きましたがエンジンかかりませんでした。

燃料を抜くと異物と水分が出てきました。

タンクを清掃してから新しい燃料を補給して始動するか?

エアーフィルターカバーがありません。

初爆がないのでエンジンに直接キャブレタークリーナーを注入してみると爆発あり、その後エンジンかかりました。

アイドリング回転数が高いので調整、吹け上がり良好です。

チェンオイルも正常に出ます。

スパークプラグはカーボン付着あります。

シリンダーの排気側に深い縦傷ありました。ピストンヘッドにもカーボン付着あります。低品質なエンジンオイルが原因です。

圧縮圧力点検すると1,010Kpaありました。やや低いです。

マフラーを外してピストンを点検すると深い縦傷あります。エンジン焼き付きしています。こんなに深い縦傷があるのにエンジンがかかるのは純正2サイクルエンジンオイルHPスーパーを補給したから気密性が上がったからだと思います。

ピストンリングの下側も傷だらけです。

シリンダーの吸気側には薄い縦傷がありました。高額修理になりますがお客様に相談します。他社製エンジンオイル使用は焼き付きの原因になります。当店ではSTIHL純正2サイクルエンジンオイルHPスーパー、HPウルトラをお勧めします。

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/