REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録で一番お得な買物が実現。会員の皆様へ製品やサービスの最新情報もお届けします。詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

新ダイワのエンジンカッターECD577修理品が入荷

PLOWカスタマーサポート小関です

弊社ブログをご覧になった福島県の方から新ダイワのエンジンカッターを送っていただきました。

エンジン不調修理を含めた総合整備ですがかなりマズイ状況がすぐにわかりました

エンジンはスパークプラグを取り付けた状態でリコイル紐をひくと手ごたえがありません

圧縮が抜けてます

このタイプの整備はカッターとエンジンを分離する事から始まります

ベルトカバー内をチェック

ブロワー軸は固着しベルトが切れています

カッター軸もゴリゴリでベルトが焼けています

↑はカッターベルト

カリカリに焼けています

マフラーは固定ナットが飛んでいました

スタッドは1本見当たらなくて残りの1本も抜けて暴れていました

シリンダーのねじ山が拡大しています

吸入口にはダストが吸い込まれていますね

カバーとの間にあるパッキンが潰れたり切れたりしている部分がありシールできていません

ここ凄く大事な部分なんで定期的に交換して下さい

マフラー側からみたシリンダー壁

完全にダメです

排気側もガリガリでした

インタミ軸のプーリーを取外そうとしましたがカバーを固定するスクリューが緩みません

電気腐食でしょう

ちょっとしたテクニックで緩みますがそのまま緩めると悲惨な事に・・・

今日は時間切れ

明日、クランクケースとキャブレターの圧力漏れ検査を行います

エンジンカッターはコンクリートの粉でシールや軸が早期に摩耗しがちです

そういう用途の機械なので消耗品です

このエンジンユニットはチェンソーパーツを流用しているので設計者も苦労したと思います

 

次回につづく

 

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/