REPAIRBLOG修理ブログ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ホンダ・インバータ発電機EU24i エンジン始動不能です

近隣の修理業者様よりの依頼品、ホンダインバータ発電機EU24i

症状は「始動不能」

入庫時の初期診断ですでにガソリンが異臭を放っています

タンク内のガソリンは紅茶色に変色

残留ガソリンを抜き取り新油注入後始動確認をおこなうと

チョークを引いたままなら回転を維持します

戻すとエンスト

メインジェットが詰まりかけている証拠ですね

メインジェットの穴が腐食や異物で狭くなり、空燃比が薄くなっています

チョークを引いて空燃比を濃くしてやっと燃料が足りる状態

で、キャブレターを分解するとこんな状態です

フロートチャンバーが凄い事になってます

メインジェットは固着して抜けません

ヒートガンで加熱すれば抜けますがチャンバーの腐食も酷い為キャブレターの交換をする事にしました

*腐食したアルミ部品やチャンバーをケミカル洗浄してもアルマイト層やメッキが剥離しているのでまた直ぐに腐食が再発します

タンク清掃とエンジンオイルの交換も同時作業

*腐食によるオーバーフローでガソリンがオイルに流入し燃料希釈が発生

 流入したガソリンのせいでオイルレベルが上昇していました

今回の修理費用は¥14,750(税別)

小型発電機はキャブレターの部品価格が安いので腐食時は清掃せずに交換するのが適切な対処法、一度腐食したキャブはメッキ剥離で不具合が再発しやすくなります

大切なのは使わないときは燃料を抜く、短期間ならコックを閉じる事です

Youtube プラウチャンネルにて、メンバーシップを開始いたしました。

「修理ブログ」を発展させ、メンバー限定の動画で高度な修理をご案内します。ご自身で修理を行いたい、機械の内部構造を知りたいなど、多くのご要望に対しYoutubeメンバーシップと言う形でお応えしたいと思います。
Youtube メンバーシップ動画リストはこちらから。ただいま、1話限定で無料公開中です。