REPAIRBLOG修理ブログ

NEW STORE

毎月1日はプラウの日。お買い物でポイント5倍が貯まります。さらにLINE連携で3%OFFが実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

【除雪機】ホンダハイブリッド除雪機 HS1390i エンジン焼付きの続き

長野県飯山市よりお持ち込いただいたHS1390iエンジン焼付き修理 ( ̄□ ̄;)

 

焼付きの原因はタペットカバーから出ている「ブローバイホース」の取り回しミスですヽ(`Д´)ノ

 

エンジン内部圧力を大気開放するホースで先端はどこにも繋がらずブラブラでOKなんですが…

なぜかエアクリーナーケース内部に折り曲げて突っ込んで有りました

ホースが折れてるんで内部の圧力が異常上昇、ブロックのゴムプラグを押し出しオイルが噴出。

結果、焼付きが発生。

 

完全な整備ミスですね ヽ(`Д´)ノ

見積りの為分解作業です。

クランクシャフトが回転しないのは外部点検で確認してますが、内部の破損状況を確認します。

要するに「ブロック」と「ヘッド」が無事か?って確認です。

ピストンは吸引すると動きます、でもクランクシャフトは動きません ヽ(;´Д`)ノ

コンロッドが折れてます、クランクもダメですね。

ブロックを観察するとタンク下で盛り上がって割れてます (つД`)ノ

ピストンを詳細に確認すると最外周部が潰れて色が変わってますね。

コンロッドから離れてヘッドと衝突した痕跡です。

ヘッドのバルブも動きが渋くなってます。

ピストンと干渉したのが原因ですね。

 

タンクや電磁クラッチなどの周辺パーツ以外を全交換となります (´_`。)

かなりの高額修理ですね。

 

お客さんに連絡した所「新車買うよりは安いので・・・。」ということでGOが出ました。

 

整備不良で高額修理になってしまうと切ないですね。

エンジン部品を一式発注。部品入荷待ちとなりました。

 

 

 

修理動画のご案内

「修理ブログ」を発展させた、高度な「修理動画」を”Youtube プラウチャンネル”で展開中です。ご自身で修理を行いたい、機械の内部構造を知りたいなど、多くのご要望に対し「修理動画」と言う形でお応えしたいと思います。
「修理動画」一覧ページはこちらから。