REPAIRBLOG修理ブログ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

【過去記事】西ドイツ製チェンソー ドルマー 114修理


プラウ長岡店の柳です。西ドイツ製 DOLMARドルマー114
エンジンかからないので修理入庫しました。

輸入年月は、昭和56年1月!35年前のチェーンソーです。

現象確認すると、何回ロープを引いてもエンジンかからないですが、エアクリーナーを外してエンジンに直接燃料を入れてスターターロープを引くとブルンと初期爆発してエンジンかかります。燃料がキャブレターで詰まっている状態です。

ティロットソン製キャブレター、型式HK、機番21B
分解清掃してダイヤフラム、ガスケットを交換します。


リコイルスターターを外して灯油で洗浄して組み立てます。洗浄前

洗浄後です。

燃料タンクの中に入っているピックアップボディ(燃料ストレーナー)は重要部品です。これが詰まるとエンジンに燃料が不足して薄い混合比になり、エンジン回転数が異常に高くなり焼き付きを起こす原因になります。

Youtube プラウチャンネルにて、メンバーシップを開始いたしました。

「修理ブログ」を発展させ、メンバー限定の動画で高度な修理をご案内します。ご自身で修理を行いたい、機械の内部構造を知りたいなど、多くのご要望に対しYoutubeメンバーシップと言う形でお応えしたいと思います。
Youtube メンバーシップ動画リストはこちらから。ただいま、1話限定で無料公開中です。