REPAIRBLOG修理ブログ

NEW STORE

毎月1日はプラウの日。お買い物でポイント5倍が貯まります。さらにLINE連携で3%OFFが実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

【過去記事】ホンダHS970系のシューターモーター不動

今回も一般の方からのご質問にお答えします。

 

お題「ホンダHS970のシューターモーターって何でダメになるの?」 (ノ゚ο゚)ノ


古くなったHS970でシューターが旋回しないトラブルが結構あります ∑(゚Д゚)

 

ある日突然シューターが左右に動かなくなるんです。

不思議と投雪モーターは壊れません ( ̄□ ̄;)!!

 

でも、原因はちゃんとあるんです


これ、ベルトカバーを外した図です。

ゴチャゴチャしてますがこの中にモーターが二つあります。

シュータ旋回投雪距離用が。


で、お題の「シューター旋回モーター」の位置を分かりやすくするために分解後、あるべき位置に置いてみました。

 

ピニオン軸が上を向いてるんです ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

水が掛からなければいいんですが。

 

写真見るとドレーンホースが付いてます。

 

でもモータ最上部、水が入ってもホースから出てくるときには内部は水没してますよね。


これは故障したモータを分解した所。

分解するとが「ダ~」っと出てきます ヽ(`Д´)ノ

 

出てくるって事はこのモーターの位置では「入っちゃう」んですね。

 


一番底のギヤカバーはこんな感じ \(゜□゜)/

このカバーにドレンホースがあれば水が抜けるのに…

 

このモーター「36110-766-003」は部品価格1万円超え ( ̄□ ̄;)

 

交換するかチョッと考えちゃいますよね。

 

今回はせっかくなのでモーター修理をしました。

 


部品全てを中性洗剤で洗います。

丸い部分の奥にプラスチックのギヤがあるので溶剤系はダメです。


泥状の汚れが侵入してるので丁寧に洗いエアブローして十分乾燥させます。

*エアブロー時、ブラシのカーボン部に小さなスプリングが2個あります。

  無くさないで下さい。


乾燥後、内部にグリスを注入して軸受メタルも注油。

パッキンが弱ってるので液状ガスケットを塗布して組立ました。

上を向くピニオン軸には防水の為にグリスをたっぷり塗布 (ノ゚ο゚)ノ


機体に組み付けます。

たっぷりグリスを塗って大丈夫です。

ッて言うか、沢山塗布して下さい。

 

無事復活モーター、快調に旋回します (ノ゚ο゚)ノ

 

 

定期点検時はこの部分にグリスを塗布して下さい

 

そうすればモーターの寿命も延びますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修理動画のご案内

「修理ブログ」を発展させた、高度な「修理動画」を”Youtube プラウチャンネル”で展開中です。ご自身で修理を行いたい、機械の内部構造を知りたいなど、多くのご要望に対し「修理動画」と言う形でお応えしたいと思います。
「修理動画」一覧ページはこちらから。