REPAIRBLOG修理ブログ

NEW STORE

毎月1日はプラウの日。お買い物でポイント5倍が貯まります。さらにLINE連携で3%OFFが実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

【過去記事】コバシ製除雪機の弱点克服 改造

ここ最近修理依頼の多い作業に「コバシST」シリーズベルトテンショナー改があります。

 

このシリーズ、テンショナー支点があまりに粗末な造りの為古くなると「ガタガタになってベルトにまっすぐ当たらなくなります ((((((ノ゚⊿゚)ノ

 

結果的にベルトとプーリーの位置がずれて「ベルトの異常摩耗」「ベルトの脱輪」がおきて走行出来なくなります ヽ(`Д´)ノ

 

今回修理の機体はクボタKSR10D、コバシのOEMモデルです。


コバシと言えば「黄色」ですが、クボタブランドなので「オレンジ」です。


この機種はディーゼルエンジンなのでガソリン機より改造がチョッと面倒 (ノ゚ο゚)ノ


いつも通りカウンターシャフトを外そうとしましたがエキゾーストマニホールドが邪魔して外れません(`×´)

結局マニホールドを外すハメに…


コレが問題のカウンターベルトテンショナー軸 Σ(゚д゚;)

軸が削れて「溝」が出来てます、受け側の穴もかなり大きく広がってます ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

プーリーが右に左に「ゆさゆさ」動くわけですね。


改造作業は受けをフレームから切断し、穴を広げてカラーを挿入して溶接。

その後フレームに溶接して復元します。

って書くと簡単そうですが、4時間近くかかります。

今まで受けの両端3mm程で支えていた力を幅30mmのカラー全体で支える構造に改造したので耐久性は抜群です。

 

本来は設計時にこうするべきなんですが(`ε´)

 

 

 

 

 

 

 

修理動画のご案内

「修理ブログ」を発展させた、高度な「修理動画」を”Youtube プラウチャンネル”で展開中です。ご自身で修理を行いたい、機械の内部構造を知りたいなど、多くのご要望に対し「修理動画」と言う形でお応えしたいと思います。
「修理動画」一覧ページはこちらから。