REPAIRBLOG修理ブログ

プラウ会員登録をすると、10人に1人に5,000円相当の商品をプレゼント! 3%OFFのお買物が実現!詳細案内  会員登録ページプラウ会員登録の詳しいご案内プラウ会員登録ページ

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

【過去記事】長期間ガソリンを入れっぱなしで放置した発電機の中身です

以前にガソリンの抜き方を書きましたが、抜かずに放置してしまったらどうなったか( ̄□ ̄;) です。

 

それはエンジンがかからないと言うご用命でした。

 

修理機が到着して箱から出したとたん、異臭が漂い只者ではない様子。

「ヤバイな」って事でキャブレター分解開始。

ホンダウォークの修理ブログ
かなり重症です、コレ。

エンジンかかるはずが無いですよね。

メインジェットが完全に詰まっています。

幸い、洗浄液に漬け込み汚物を除去して復活(ノ゚ο゚)ノ

パイロットスクリューは基準値で調子が出ない為、交換後セッティングしました。

ホンダウォークの修理ブログ
フロートチャンバーはこんな感じです。

 

長い間使わないときは燃料を抜いてくださいね。

 

いざと言うとき動かないと困ります。

 

余談ですが、たまに、無負荷でラフな回り方をする機体があったりします(無負荷時はエンジン止めるのが基本なんですが)。

 

それが「嫌だ」って人のはメインジェットを1段上げたりします、ピタッと安定しますが当然燃費は落ちるはずです

この機体はメインジェットのセッティングは不要でした。

 

以前、富士山の頂上で使うと言う事で気圧の低い山頂の空気に合わせたセッティングを依頼された事がありました。

 

メインジェットを絞ってガソリン流量を少なくしたのですが、平地ではアイドリングも出来ませんでした。

山の上では快調なんですよね、面白いものです。

 

本来は使用する標高にあわせたセッティングをする事が必要なんです。

 

 

ホンダウォークでは使用環境に合わせたセッティングも行います。

 

お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読者の皆様へ

いつも修理ブログをご愛読いただきありがとうございます。皆様にはその機械をより安全に、より快適にご使用いただくためにブログ執筆者も励んでいます。もし、同じ症状が見受けられた場合は「修理依頼/見積依頼」ページよりお問い合わせください。折り返し、プラウよりご連絡いたします。
◎「修理依頼/見積依頼」ページ https://plow-power.com/contact/repair/